キャットフードは危険!?安全性なら無添加の餌がおすすめ

おすすめの良質な子猫の餌撰び

 

猫はあっという間に成長します。

 

家族として迎えてからあっという間に成猫へと成長してしまうからです。

 

子猫から成猫への成長の過程で必要なのが安全で栄養価に富んだ猫の餌を与えることです。

 

子猫と呼ばれる時期は生後11カ月目くらいまでを指します。

 

この間、どのような猫の餌を与えるかで猫の寿命も変わってきます。

 

このことを考えると、子猫の猫餌選びは慎重にしないといけないことが分かります。

 

どうすれば子猫に合った猫の餌選びができるのでしょうか。

 

ペットショップやホームセンターにはたくさんの種類のキャットフードが並んでいます。

 

インターネットを検索してみても、その種類の多さに驚いてしまうことでしょう。

 

おすすめの選び方はあるのでしょうか。

 

 

 

子猫の成長とキャットフード

 

子猫はわずか1年程度の間に急激に成長します。

 

人間の成長と比べると、その速さは歴然です。

 

この間に豊富な栄養素をバランスよく与えることで、猫が健やかに成長していきます。

 

逆に栄養価が偏っていたり、粗悪なキャットフードを与えたりしてしまうと、成長が阻害されるだけでなく、病気がちになったり、アレルギー体質になってしまったりする恐れがあります。

 

そのようなことにならないようにするためには、キャットフード選びが大切です。

 

子猫は消化器官が発達段階にあるので、食べ物によっては消化しきれないものがあります。

 

消化不良を起こしてしまうこともしばしばです。

 

子猫が消化不良を起こし、下痢などの症状が現れてしまうと、体内の水分が大量に失われてしまうので、命の危険にさらされる可能性もあります。

 

キャットフードだけでなく与えた餌が原因で下痢を起こしてしまった場合には、速やかに獣医の診察を受ける必要がありますが、日ごろから消化不良を予防する食習慣を築くことも大切です。

 

 

 

子猫の成長にはお肉が欠かせない

 

 

子猫の成長にはさまざまな栄養素が必要ですが、体の成長が急激に進むため、動物性たんぱく質が必要になります。

 

動物性たんぱく質と言えばお肉ということになるわけですが、お肉にもいろいろなものがあります。

 

しかもキャットフードの製造過程は見ることができないので、どのようなお肉を使用しているかを事前に知ることは難しいのが現状です。

 

そのような場合、子猫の成長に必要な安全で良質なお肉を使用しているキャットフードをどのように見分けたらよいのでしょうか。

 

 

材料の見分け方

 

キャットフードのパッケージには必ず原材料表示があります。

 

原材料表示を見るとどんなお肉を使用しているかが一目瞭然です。

 

ここで気を付けたいのが、キャットフードのパッケージに記載されているチキンミールなどのミールという表示が入った成分です。

 

一見これらの成分はチキンやビーフを連想しますが、ミールというのは普段スーパーなどで購入するお肉とは別物です。

 

加工肉の一つですが、チキンミールなどのキャットフード向けに加工される加工肉には何かと問題があります。

 

なぜかというと、チキンミールなどの加工肉には、食肉としては本来使用されないはずの骨粉や羽、血液などが混入しているからです。

 

人が食べられないものを猫に与えるというのは考えただけでも怖くなります。

 

実は多くのキャットフードにはチキンミールなどの粗悪な加工肉が使用されています。

 

このようなキャットフードは子猫の成長を妨げるだけでなく、アレルギー体質や虚弱体質の原因にもなります。

 

もしかしたら獣医師からどんなキャットフードを与えているか尋ねられたことがあるかもしれません。

 

その理由は、キャットフードが猫に与える影響を獣医師も知っているからです。

 

 

 

子猫に最適な猫の餌の選び方

 

おすすめの子猫の餌選びの方法には何があるのでしょうか。

 

先ほども説明したように、成分をよく調べることが大切です。

 

成分によって猫に悪影響を与える可能性があるので、できれば新鮮で安全なお肉を使用しているキャットフードを選ぶようにしましょう。

 

ほかにも注意したいのが、穀物を使用しているかどうかです。

 

穀物は本来猫が消化吸収できないので、子猫であればなおのこと、消化不良を起こす原因になります。

 

おすすめの猫の餌選びの一つの方法は、穀物を含まないグレインフリーのキャットフードを選ぶことです。

 

グレインフリーと書かれたものを選べばよいので簡単なように聞こえますが、ペットショップやホームセンターでグレインフリータイプのキャットフードを購入するのは結構難しいです。

 

穀物が入っているものが中心だからです。

 

もし最適なキャットフードを選びたいと思う場合には、カナガンやオリジンなどのグレインフリータイプを選ぶようにしてください。

 

これらのキャットフードには穀物が入っていないことに加えて、消化吸収を助ける果物などの成分も含まれています。

 

子猫がグングン成長するために、このようなキャットフードは欠かせません。猫はあっという間に成長します。

 

家族として迎えてからあっという間に成猫へと成長してしまうからです。

 

子猫から成猫への成長の過程で必要なのが安全で栄養価に富んだ猫の餌を与えることです。

 

子猫と呼ばれる時期は生後11カ月目くらいまでを指します。

 

この間、どのような猫の餌を与えるかで猫の寿命も変わってきます。

 

このことを考えると、子猫の猫餌選びは慎重にしないといけないことが分かります。

 

どうすれば子猫に合った猫の餌選びができるのでしょうか。

 

ペットショップやホームセンターにはたくさんの種類のキャットフードが並んでいます。

 

インターネットを検索してみても、その種類の多さに驚いてしまうことでしょう。

 

おすすめの選び方はあるのでしょうか。

 

 

 

子猫の成長とキャットフード

 

子猫はわずか1年程度の間に急激に成長します。

 

人間の成長と比べると、その速さは歴然です。

 

この間に豊富な栄養素をバランスよく与えることで、猫が健やかに成長していきます。

 

逆に栄養価が偏っていたり、粗悪なキャットフードを与えたりしてしまうと、成長が阻害されるだけでなく、病気がちになったり、アレルギー体質になってしまったりする恐れがあります。

 

そのようなことにならないようにするためには、キャットフード選びが大切です。

 

子猫は消化器官が発達段階にあるので、食べ物によっては消化しきれないものがあります。

 

消化不良を起こしてしまうこともしばしばです。

 

子猫が消化不良を起こし、下痢などの症状が現れてしまうと、体内の水分が大量に失われてしまうので、命の危険にさらされる可能性もあります。

 

キャットフードだけでなく与えた餌が原因で下痢を起こしてしまった場合には、速やかに獣医の診察を受ける必要がありますが、日ごろから消化不良を予防する食習慣を築くことも大切です。

 

 

子猫の成長にはお肉が欠かせない

 

子猫の成長にはさまざまな栄養素が必要ですが、体の成長が急激に進むため、動物性たんぱく質が必要になります。

 

動物性たんぱく質と言えばお肉ということになるわけですが、お肉にもいろいろなものがあります。

 

しかもキャットフードの製造過程は見ることができないので、どのようなお肉を使用しているかを事前に知ることは難しいのが現状です。

 

そのような場合、子猫の成長に必要な安全で良質なお肉を使用しているキャットフードをどのように見分けたらよいのでしょうか。

 

 

 

材料の見分け方

 

キャットフードのパッケージには必ず原材料表示があります。

 

原材料表示を見るとどんなお肉を使用しているかが一目瞭然です。

 

ここで気を付けたいのが、キャットフードのパッケージに記載されているチキンミールなどのミールという表示が入った成分です。

 

一見これらの成分はチキンやビーフを連想しますが、ミールというのは普段スーパーなどで購入するお肉とは別物です。

 

加工肉の一つですが、チキンミールなどのキャットフード向けに加工される加工肉には何かと問題があります。

 

なぜかというと、チキンミールなどの加工肉には、食肉としては本来使用されないはずの骨粉や羽、血液などが混入しているからです。

 

人が食べられないものを猫に与えるというのは考えただけでも怖くなります。

 

実は多くのキャットフードにはチキンミールなどの粗悪な加工肉が使用されています。

 

このようなキャットフードは子猫の成長を妨げるだけでなく、アレルギー体質や虚弱体質の原因にもなります。

 

もしかしたら獣医師からどんなキャットフードを与えているか尋ねられたことがあるかもしれません。

 

その理由は、キャットフードが猫に与える影響を獣医師も知っているからです。

 

 

子猫に最適な猫の餌の選び方

 

おすすめの子猫の餌選びの方法には何があるのでしょうか。

 

先ほども説明したように、成分をよく調べることが大切です。

 

成分によって猫に悪影響を与える可能性があるので、できれば新鮮で安全なお肉を使用しているキャットフードを選ぶようにしましょう。

 

ほかにも注意したいのが、穀物を使用しているかどうかです。

 

穀物は本来猫が消化吸収できないので、子猫であればなおのこと、消化不良を起こす原因になります。

 

おすすめの猫の餌選びの一つの方法は、穀物を含まないグレインフリーのキャットフードを選ぶことです。

 

グレインフリーと書かれたものを選べばよいので簡単なように聞こえますが、ペットショップやホームセンターでグレインフリータイプのキャットフードを購入するのは結構難しいです。

 

穀物が入っているものが中心だからです。

 

もし最適なキャットフードを選びたいと思う場合には、カナガンやオリジンなどのグレインフリータイプを選ぶようにしてください。

 

これらのキャットフードには穀物が入っていないことに加えて、消化吸収を助ける果物などの成分も含まれています。

 

子猫がグングン成長するために、このようなキャットフードは欠かせません。