キャットフードは危険!?安全性なら無添加の餌がおすすめ

猫の年齢に合ったキャットフードを与えましょう!

 

スーパーやホームセンターのペットコーナーには、色々な国のキャットフードが置かれています。選択肢が多いという見方もできますが、多くの中から愛猫にどのキャットフードを選んであげれば良いのかを迷ってしまう飼い主の方もいるでしょう。

 

この記事では、猫の健康を考えたおすすめのキャットフードの選び方を説明しています。

 

キャットフードは猫の飼育に適した原材料で作られていますが、大きく分けて「総合栄養食」と「一般食」の2つに分類することができますしかし猫の食事は、総合栄養食と水のみで栄養的には満たすことができるのです。

 

ではなぜキャットフードは総合栄養食と一般食に分かれているのか?それはどちらも大事な役割を持っているからです。

 

総合栄養食の担う役割は人間の食事でいうところの主食にあたり、一般食は副食としての役割を備えています。

 

 

 

キャットフードのパッケージをよく見ると、その事実が明記されているでしょう。総合栄養食の多くはドライフードタイプで、愛猫の年齢に合わせていくつかある中から、選ぶようになっています。

 

またパッケージに総合栄養食と記載するには、試験を経て定められた基準に合格する必要があることを覚えておいてください。

 

それに対して一般食に対しては、上記にある総合栄養食ほどの厳しい基準は定められていません。

 

また一般食を与える時には、同時に猫に対して総合栄養食と共に与えることがパッケージにきちんと記載されています。しかし栄養面で十分とは言えない一般食の役割とは、一体なんだと思いますか?

 

その答えは人間の食事風景を思い浮かべてみると、「なるほど」と納得ができるでしょう。

 

 

 

いくら総合栄養食さえ食べていれば栄養的に満たされるといっても、食事というものはそれだけが全てではありません。

 

一般食は主に缶詰やレトルトといった形で提供されており、猫の食欲をそそる見た目や味付け、匂いがつけられています。

 

つまり一般食は、愛猫に食事の楽しみを与えることが大きな役割となっているのです。

 

いくら栄養がバッチリだとしても1年365日同じようなドライフードで満足してくれというのは、猫にとっても味気がなさ過ぎるというものでしょう。

 

ここまでの説明で、キャットフードが猫にとって非常に重要であることが理解できたと思われます。

 

飼い主がキャットフードを実際に選ぶ時には、使われている原材料をしっかりとチェックすることが重要になってくるのです。

 

 

 

棚に並べられているキャットフードの中には、原材料が記されていないものがあります。そういったキャットフードはもちろん問題外ですが、他にもいつくかのチェックポイントがあるのです。

 

始めに飼い主がはっきりと認識しておかなければいけないこととして、「猫は肉食!」という事実が存在します。

 

当たり前のことのようですが、この事実を意識しながらキャットフードを選んであげましょう。

 

パッケージに記された原材料をチェックする時には、とうもろこしなどの穀物類が記されているキャットフードを避けてあげてください。

 

猫は私たち人間と異なり、穀物類を上手く消化できる内臓を持っていないため、穀物類が含まれたキャットフードを食べ続けると体調不良になる可能性があります。。

 

また、なるべく新鮮な原材料を使って作られているキャットフードがおすすめですから、死んだ動物の肉や病気になって処分された動物の肉で作られたキャットフードを選ぶのはやめましょう。

 

それらは「4Dミート」と呼ばれ、当然のことですが人間には提供できない肉とされています。

 

値段の安いキャットフードにはこの4Dミートが配合されている場合がありますので、キャットフードを選ぶ際にはその点に充分注意しましょう。

 

 

 

また賞味期限の長いキャットフードには見栄えを良くするために保存料や防腐剤、合成着色料が含まれていることがあります。

 

これらは愛猫の健康を損なう食べ物でしかありません。

 

見分けるコツとしては大袋ではなく小袋で販売されているキャットフードがおすすめで、理由としては袋を開けた瞬間から中味の酸化が始まるからです。

 

防腐剤や添加物が入っているキャットフードは、猫にとっては味が落ちて美味しくなくない食べ物となってしまいます。

 

つまり大袋で販売されているキャットフードの中には、猫が全部食べきる前に中味が腐らないように色々なものが入っていることが多いのです。

 

大袋ではなく、小分けしてある袋で売られているキャットフードを選ぶようにしましょう。

 

 

 

それから人間には合成着色料で綺麗に色づけ去れたキャットフードの方が美味しそうに見えますが、「猫は色盲」ということを忘れてはいけません。

 

猫にとってはキャットフードの色が何色であろうと、味と栄養以外は100%どうでもいいことなのです。

 

現代社会において、猫は非常に身近で大切な存在となっています。しかし悲しいことに猫の寿命は人間と比較すると相当短く、毎日の食事も飼い主まかせで生活していることも事実です。

 

しかし裏を返せば、愛猫の人生は飼い主によって幸福にも不幸にもなると言えるのではないでしょうか?

 

飼い主として愛猫の健康と幸せを守ってあげるためにも、キャットフードのパッケージチェックを欠かさないようにしてください。