キャットフードは危険!?安全性なら無添加の餌がおすすめ

価格重視?正しいキャットフードの選び方

キャットフードの選び方は家庭によって異なりますよね。

 

原材料をとことん重視する家庭、価格を重視する家庭、内容量を重視する家庭、フードの選び方のポイントとなる部分はさまざまですよね。

 

もし、愛猫に少しでも長く健康でいて欲しいなら、原材料を重視することを強くおすすめします。ペットフードの値段は、安全の値段と言っても過言ではありません。

 

価格はメーカーやフードによってまちまちですが、安いものにはそれなりの理由があるんです。良い原材料を使えば、生産するためのコストがかかり販売価格が上がります。

 

安価な原材料を使えば生産するコストがかかりませんので、安い価格で販売することが出来るようになるということです。

 

 

 

避けるべき原材料とは?

 

高額なキャットフードを買い続けることが不可能であっても、最低限ここだけは譲れないという選び方のルールを持つと良いですよ。

 

まず避けるべきフードは『副産物』『ミール』という原材料表記のあるものです。これらは純粋なお肉ではなく、骨や内臓、毛などまで含まれている質の悪い原材料であることを表しています。

 

死んだ動物や死にかけた動物など、人間が口にできないような肉が使われているんですよ。4Dミールと呼ばれ、避けるべき原材料なんです。

 

防腐剤として使われるエトキシン、BHAとBHTが使用されているのも同じく避けるべきフードです。これらは発ガン性が高いため、猫の健康を害してしまいます。

 

原材料にはカタカナやアルファベット表記のものがけっこう多いんですよね。市販されているから大丈夫。ではなく、その原材料は何なのか確認してから選ぶようにしましょう。

 

 

 

質の良いキャットフードの選び方

 

原材料に不明な肉、ミールや副産物などの記載がないもの、合成添加物や着色料、調味料無添加のもの、穀物を使用していないもの、これらに当てはまるフードは間違いなく質の良いキャットフードです。

 

フードで穀物を使用するのは、フードをカサ増しするためなんですよ。質の良い肉や魚をたっぷり配合するとコストがかかりますが、穀物を使ってカサを増せばコストダウンになりますよね。

 

つまりは、販売価格を下げることに繋がるんです。穀物不使用のキャットフードもありますが、価格は高いです。

 

高額なキャットフードを続けるのが難しいという場合は、原材料表記の中で、穀物が何番目に出てくるかチェックすると良いですよ。2?3番目など、始めの方に穀物が記載されているものは避けましょう。

 

 

 

 

高額だけど愛猫の健康には変えられず…

 

我が家では、無添加でグレインフリーのカナガンキャットフードを選んでいます。国際規格クラスAを取得している、世界的にも質が良いとされるフードです。

 

1.5キロで約4000円、お財布には優しくないですが、愛猫の健康には非常に優しいということで選びました。

 

フードの選び方を考え始めた頃、どれが良いのかわからず、とにかく猫の体について、フードの原材料についてを調べていたんです。

 

その時に、市販されているフードでも100%安心、安全なものは少ないことを知りました。そして、安心、安全だと思えるフードを選びたいと思うようになり、カナガンにたどり着きました。

 

 

 

良いフードも購入方法で安くなる!

 

毎日あげるものだからこそ、原材料も気になりますし、価格も出来るだけ安く押さえたいですよね。そんな人には、ネット購入がおすすめですよ。

 

サイトによってはキャンペーンを利用すると割引で買えたり、定期購入することで安くなったりすることもあります。まずは、愛猫の年齢や健康状態に応じて、その子にぴったりなフードを探すことから始めると良いでしょう。